基本とボールカウント

スコアの書き方

~準備からボールカウントまで~

スコアに入って選手たちと一緒にたたかいましょう!

「書いたことない」から「超初心者」まで

※城山ヤンガースの書き方

筆記具を用意しましょう

・シャーペン

・消しゴム

・消える赤ペン

・テープのり

・ボールペン

が、便利です。

STEP1 守備位置と番号を覚えましょう

野球にあまり関わってこなかった方は

ショートとセカンドの守備位置に驚きますよね。

セカンドって二塁ベースの上にずっといるわけではないのです。

STEP2 メンバー表提出

提出時刻までに監督などにメンバー確認します。

ここではメンバー表に直接書かない方がいいです。

メモ用紙が一緒に入っていると思うので、まず打順、名前、守備位置メモをとりましょう。

※守備位置の番号、名前、背番号をかきます。


●公式戦:4枚複写 連盟担当者に提出、承認受ける

   主審、相手チームに提出

●練習試合:3枚複写 主審、相手チームに提出

  (お茶出し確認)

STEP3 情報記入

記入できるところを記入。

・対戦相手

・試合名

・グラウンド

・控え選手など


先攻後攻が決まったら、先攻は上、後攻は下の欄に名前、背番号、守備位置記入します。


A

メンバー表は左下に貼ります。

B

メンバー表は右側のページに貼ります。

え?右側にもスコア書くところあるって

大丈夫です。8回以降なんてめったにありませんから。

STEP4 ボールカウント

いよいよプレイボール。

何がボールで何がストライクなの?

わからなくても大丈夫。

主審が言ってくれるか、手を見ればわかります。

 何もしない…ボール

 グー…ストライク

 手を挙げる…ファール

左の長い四角欄に投げた順番に縦にシャーペンで記入していきます。

ボールなら、黒ポチ。

見逃しストライクは、〇。

わからなくなったら、たまにカウント言ってくれるし、両手で示してくれます。

…ほんとうはカウントするのがスコアの役目なのですが💦

STEP5 左打ち、代打、代走、交代

試合が進行していくと、この人左利きだ!と気づくこともあれば

代打〇〇、△△が●●と交代と審判に言われることがあります。

そんなときは、名前を書くところにちょこちょこ付け足していきます。

下は

3回にピッチャーとキャッチャーが交代しました。

というときの書き方です。

交代が複雑な時のポイント。

右側のスペースに言われた通りにメモしておきましょう。

塁に進んだら、↓